何しても不満

高専中退。一年浪人して二〇二〇年から私立文系大学生。

五月十四日

また新しいカテゴリを増やしてしまった……。

最近、実は数記事書いたのですが、メンヘラ度合いが強い物と、自己愛過多な物ばかりで、人様に見せられる様な物では無かったので、ボツにしてしまいました。僕が誰かに告白された話とか、逆にフラれた話とか、そんなのばかり書いてました。辛くなると、輝いていた過去を振り返りたくなるのです。僕の場合、中学時代まで遡ることになりますが。

というのも、つい最近嫌なことがあって、それがずっと頭を離れないんです。詳しく書く程面白い事じゃないのですが、まあ恋愛絡みです。浪人生の悩みじゃない。

でも自分としては、仕方ない側面が充分あると思います。七年越しの片思いで、三年会ってなかったので、もう舞い上がったの何の。

今では高揚が無くなって、ただただ悲しいです。一度声をかけた時、向こうも「久し振り」と言ってくれたので、覚えてはくれているみたいなのですが、浪人生同士なので、それ以上近付くのも迷惑かなと。となると現実的に、僕と彼女は結ばれないのです。そして、大学に行けば当然別々ですから、またお別れです。そんなことを考えて、寂しいなと。

で、半年以上ぶりに、自傷をしてみました。鬱々してたのは、彼女のこと以外にも、偏差値が低いのとか、高校出てない後悔とか、色々重なっていた部分もあるのですが、切る時は彼女のことを考えてました。

正確に数えてみたら、もう八ヶ月近く自傷をしてませんでした。ODもしなくなってからもう少しで半年なので、時の流れは速いなと、また感傷に浸ってしまいます。

オルファのカッターナイフでやったのですが、切れ味があまり良く無かったのと、切り方を忘れていた所為で、ほとんど血が出ませんでした。まあ、元々は血が見たくて始めた自傷でしたけど、今では痛みも好きなので良いんですが。やっぱり血が出てナンボな部分はあるので、不完全燃焼の気で悶々としています。今夜もやるかも知れません。

勉強の方は、まあボチボチです。河合塾入塾の際に受けたテストが返ってきたので、元気がある時にそれについてまとめて、高専を三年生で中退した人間の、偏差値の一例として取り上げてみようかと思っています。専門科目はサボっていましたが、一般科目はソコソコだったので、意外に、高専生の一般的な成績かも知れません。

と、今日はこんな物ですかね。お風呂に入って、切って、寝ないといけないので、ここまで、おやすみなさい。良い夢を。